【最新相場】東京女学館中学校の制服買取紹介 | 制服買取ラミパス

【最新相場】東京女学館中学校の制服買取紹介

【最新相場】東京女学館中学校の制服買取紹介 アイキャッチ画像
所在地 東京都渋谷区
共学 / 別学 女子校
【東京女学館中学校の制服】は高く売れます、中学高校の制服買取専門店ラミパスでは東京女学館中学校の制服の特徴や、評判口コミなどを掲載しており、買取相場価格などもお調べいただくことが可能となっております。

東京女学館中学校の学校紹介

東京女学館中学校ってどんな学校?

東京女学館中学校では1人のリーダーが全体を引率する時代は終えたと考えており、先進的な「インクルーシブ・リーダーシップ」を身につける教育を行っています。
インクルーシブ・リーダーシップとは、各々が課題の共有・協働しながら問題解決に向けて集団全体を高めていく力です。

校風や特徴

東京女学館中学校の教育目標は「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」であり、真剣に学び、行動して生活を地道に続けられる生徒の「生きる力」を育てています。
また、生徒には学校生活の中で「自らが真剣に向き合えるもの」を見つけてほしいと願い、生徒一人ひとりが多様なチャレンジができる環境が用意されているのです。

買取キットを申し込む

気になる東京女学館中学校の制服は?

東京女学館中学校の制服は、昭和5年に生まれました。
当時の英語教師であるトロット女史からの「英国では高貴な人は白を身につける」という提案を受け、白を基調としたセーラー服のデザインになっています。
ここから、その制服について季節別に細かく説明しますので、ぜひ参考にしてください。


冬服
東京女学館中学校の冬の制服は、濃紺色の襟にクリームホワイト地のセーラー服で、中間服も同じデザインになります。
リボンは特徴的な絹製の青いもので、夏冬ともに同じリボンを着用します。
セーターは指定のものが白色と紺色で用意されており、セーラー服の上から着て襟を出したスタイルで、セーターの色を変えるだけで制服の印象が変わるでしょう。

夏服
東京女学館中学校の夏服は濃紺色の襟にホワイト地の半袖のセーラー服で、冬服のスタイルと同じになります。
ホワイトのセーラー服に青いリボンの爽やかなイメージでしょう。

また、冬季に着用できるピーコートは森英恵さんがデザインしました。
セーラー服を制服としている学校の多くは冬服のカラーを紺地にすることが多い中、冬服も白を基調とした珍しい色使いだと言えるでしょう。
また、指定のバッグは濃青色の革カバンで、強度のあるものになっています。

【最新相場】品川女子学院中学校の制服買取紹介

【最新相場】実践女子学園中学校の制服買取紹介

【最新相場】実践女子学園中学校の制服買取紹介

東京女学館中学校の制服の評判・口コミ

東京女学館中学校の制服の口コミには、下記のようなものがあります。

可愛い制服の学校が多い東京でも、トップクラスの制服だと思います。この制服が着られることが誇りです。

女子らしい可愛らしさを感じる制服で、生徒だけでなく保護者にも人気があります。

青いリボンが特徴的なセーラー服です。セーターが2色あるのも良いです。

伝統があって上品な制服ですが、購入に手間がかかります。

制服が可愛くて入学した生徒が多いです。そのくらい人気のある制服です。

東京女学館中学校の卒業生には誰がいる!?

東京女学館中学校の卒業生には、女優の小林多岐子さん・宮本裕子さん・高崎里音さん・夏目雅子さんなどがいます。
小説家や脚本家として活躍している卒業生もおり、多くの業界に卒業生を輩出していると言えるでしょう。