【最新相場】東京都立晴海総合高等学校の制服買取紹介 | 制服買取ラミパス

【最新相場】東京都立晴海総合高等学校の制服買取紹介

【最新相場】東京都立晴海総合高等学校の制服買取紹介 アイキャッチ画像
所在地 東京都中央区
共学 / 別学 共学
【東京都立晴海総合高等学校の制服】は高く売れます、中学高校の制服買取専門店ラミパスでは東京都立晴海総合高等学校の制服の特徴や、評判口コミなどを掲載しており、買取相場価格などもお調べいただくことが可能となっております。

東京都立晴海総合高等学校の歴史


平成8年に東京京橋高等学校と東京都立京橋商業高等学校が合併し、新しいタイプの高等学校として東京都立晴海総合高等学校が設立されました。
現在の校舎はこの時に建設されたものになります。

東京都立晴海総合高等学校ってどんな学校?

東京都立晴海総合高等学校では普通教育と専門教育を総合的に学ぶことが可能な環境が整えられています。
情報システム、国際ビジネス、語学コミュニケーション、芸術・文化、自然科学、社会・経済の6つの系列で、文系と理系の枠を超えた学びを行っているのです。
また、STEAM教育を導入しているため、「知る」と「想像する」のサイクルが確立された学びによって、手に入れた知識をより深く理解し、自分のものにすることができるでしょう。

東京都立晴海総合高等学校の校風や特徴

東京都立晴海総合高等学校は東京都で初めて総合学科が設けられた高等学校です。
個性的で国際性や創造性に富んだ感性豊かな人間を育てるために「自己責任能力」「想像力・思考力・表現力」「共に生きる姿勢」という3つの教育目標を定めています。
東京都立晴海総合高等学校の生徒は学校の特色でもある「選択」と「想像」の機会を十分に活用し、世界で活躍する人材に育つのです。

買取キットを申し込む

気になる東京都立晴海総合高等学校の制服は?

東京都立晴海総合高等学校の制服は、男子は学ラン・女子はセーラー服になります。
どちらも伝統的なデザインですが、細部に特徴があるため、他校とは違ったスタイルだと言えるでしょう。
ここからは、東京都立晴海総合高等学校の制服を細かく説明します。


東京都立晴海総合高等学校の男子制服
男子の冬服は一般的な学ランになりますが、ボタンがゴールドではなく黒色になっているという特徴があります。
夏服は指定のシャツに黒のスラックスで、シャツのボタンは冬服と同じく黒色です。

東京都立晴海総合高等学校の女子制服
女子の冬服は濃い紺色に紺色の襟がついたセーラージャケットで、襟と同じ色のリボンがつきます。
夏服は白地のセーラージャケットに変わり、紺色のリボンとチェックのスカートを着用します。
また、女子はスカートでなくスラックスを希望することも可能です。

男女ともに、伝統的なデザインと流行を調和させたようなデザインだと言えるでしょう。

【最新相場】日比谷高等学校の制服買取紹介

【最新相場】日比谷高等学校の制服買取紹介

【最新相場】堀越学園高等学校の制服買取紹介

【最新相場】堀越学園高等学校の制服買取紹介

東京都立晴海総合高等学校の制服の評判・口コミ

東京都立晴海総合高等学校の制服は、伝統的でありながら細部に個性の光るデザインです。
ここからは、東京都立晴海総合高等学校の制服に関する口コミを紹介しましょう。

冬服は真っ黒なイメージですが、夏服は可愛いと思います。セーラー服の制服は減っているので希少です。

男子の制服は冬は学ラン、夏は開襟シャツで一見普通に見えますが、ボタンに個性があってシンプルなのにかっこいいデザインです。なかなかないデザインだと思います。

女子の制服が可愛いと周囲でも評判です。夏服も冬服もリボンが特徴だと思っています。

生地がしっかりしているのは良いのですが、残念ながら夏は暑いと感じます。

男子の学ランのボタンやポケットなど、細かな部分にこだわりの込められている制服だと思います。ぱっと見では気付けない点です。

女子の制服はスカート丈に厳しい校則があるので、下品な着こなしをしている生徒はいません。

セーラージャケットはブレザーとセーラー服の中間と言った感じで、珍しいと思います。他の学校には似た制服はありません。

男子の制服はボタンがおしゃれで、女子の制服は材質も良く可愛いです。良く考えられた制服だと思います。

背の高い子には似合う制服なのですが、冬服のセーラージャケットが丈が長いので背が低いと着こなしが難しいです。

東京都立晴海総合高等学校の卒業生には誰がいる!?

東京都立晴海総合高等学校の卒業生には、モデルのレノ聡さん・タレントの望月ミキさん・俳優の木村昴さんなどがいます。
芸能界で活躍する卒業生が多い学校だと言えるでしょう。東京都立晴海総合高等学校の制服を売りたい方はラミパスをご検討ください。