【最新相場】花園高等学校の制服買取紹介 | 制服買取ラミパス

【最新相場】花園高等学校の制服買取紹介

【最新相場】花園高等学校の制服買取紹介 アイキャッチ画像
所在地 京都府京都市右京区
共学 / 別学 共学
【花園高等学校の制服】は高く売れます、中学高校の制服買取専門店ラミパスでは花園高等学校の制服の特徴や、評判口コミなどを掲載しており、買取相場価格などもお調べいただくことが可能となっております。

花園高等学校の学校紹介

花園高等学校ってどんな学校?

花園高等学校では独自の発想・自由な発想を生み出し、思考を高めて創造的自己を確立することを教育の目標としています。
特に国際理解教育に力を入れており「違い」を受け入れ、自分と違う考え方をする人たちを「自分と違って面白い」と思える生徒を育てています。

校風や特徴

花園高等学校は「禅のこころ」を大切にしています。
具体的には、物事にとらわれず何事にも惑わされない本当の自分を自覚することで、自分本来の輝きや無限の可能性を見つけるのです。
自分の持つ無限の可能性に気がつけば、自分と他者の両方がかけがえのない存在であることを知ることができるでしょう。

買取キットを申し込む

気になる花園高等学校の制服は?

花園高等学校の制服は、深緑色のブレザーが特徴的なデザインです。標準服以外に多くのオプションが用意されているため、自由にコーディネートを楽しめるでしょう。
ここから、その制服について男女別に詳しく説明いたしますので、ぜひ参考にしてください。

男子
花園高等学校の男子の冬服は、深緑色のブレザーにグレーのチェックのスラックスを着用します。
ブレザーはゴールドの3つボタンと胸元にエンブレムがついており、ネクタイは緑のストライプです。
男子の夏服はカッターシャツに冬服と同じデザインのスラックスで、ポロシャツを選択することも可能です。

女子
花園高等学校の女子の冬服は、男子と同じ深緑色のブレザーで、ウエストがシェイプされたデザインをしています。
シャツに赤いリボンをつけ、プリーツスカートはオレンジのチェック柄です。
女子の夏服は、半袖のブラウスに夏用スカートで、男子同様ポロシャツを着ることも許可されています。


男女ともにニットのセーター・ニットベスト・コートも用意されていますが、自分の好きなものを着ることも可能であり、比較的自由な校風だと言えるでしょう。
また、制服ではなく私服での通学も許可されているため、生徒は自分の個性をアピールすることができます。

【最新相場】扇町総合高等学校の制服買取紹介

【最新相場】扇町総合高等学校の制服買取紹介

【最新相場】大阪桐蔭高等学校の制服買取紹介

【最新相場】大阪桐蔭高等学校の制服買取紹介

花園高等学校の制服の評判・口コミ

花園高等学校の制服の口コミには、下記のようなものがあります。

スカートの丈など厳しいルールがあり、制服を着崩す生徒は少ないです。

可愛い制服です。普段は私服登校も許されていますが、制服が可愛いので制服登校を続けている生徒も多いです。

他校に比べてとても可愛い制服だと思います。

以前より制服に関するルールが厳しくなったので、私服登校をする生徒が増えました。

制服と私服を合わせてコーディネートしている生徒もいます。自由度の高い学校だと感じます。

花園高等学校の卒業生には誰がいる!?

花園高等学校の卒業生には、競輪選手の山本真也さん・作家の水上勉さん・俳優の長門裕之さんなどがいます。
多くのプロ野球選手やラグビー選手を輩出している学校でもあり、スポーツ界で活躍している卒業生が多いと言って良いでしょう。