事務服を売るならどこがいい?買取先の選び方と重視するポイントを解説 | 制服買取ラミパス

事務服を売るならどこがいい?買取先の選び方と重視するポイントを解説

この記事では、事務服の買取業者の選び方と重視するべきポイントについて解説。不要な事務服の処分に困ってはいませんか?この記事を読んで、買取先の選び方を知りましょう。
  • 「不要になった事務服を売りたい」
  • 「安心して利用できる買取業者が知りたい」
  • 「買取業者を選ぶ際に重視するポイントが知りたい」

このように考えてはいませんか?

この記事では、事務服の買取業者の選び方や重視するポイントを解説します。

不要になった服とはいえ、出来るだけ満足度の高いサービスを受けたいですよね?

自分にあった買取業者を見つけられれば、サービスの満足度も高くなります。

この記事を読んで、買取業者の選び方を学んでみてくださいね。

1.事務服をリサイクルする仕組みとは?

そもそも、事務服をリサイクルする仕組みとはどのようなものなのでしょうか?

買取業者で不要になった事務服を売ったとしても、その後の再利用方法についてわからないようなら、不安になってしまいます。

ここでは、買取業者がどのようにして事務服を再利用するのかを紹介します。

事務服を売った後にどのように再利用されるのか気になる人は参考にしてください。

1-1.事務服を回収して検品する

まずはお客様からの買取や不用品の回収などで事務服を回収します。回収された事務服は「再販売」と「再利用」に選別されます。

回収された事務服は作られた年代や生地の材質、状態の良し悪しなどが異なります。

そのため、まずは事務服の選別作業が必要となるのです。

1-2.再利用不可な事務服は生地や原料にする

選別された事務服の中で再販売が厳しい状態の事務服は生地や原料として利用されます。

どんなに状態の悪い事務服でも、切って生地にしてしまえば再利用が可能です。

原料として再利用されるなど、生地の再利用をする企業に譲渡される場合もあります。

1-3.再利用可能な事務服はクリーニングや補修をする

選別された再販売可能な事務服はクリーニングや補修の作業を経て再販売されます。

回収された事務服には臭いや傷みがあるので、これらの作業が必要です。

1-4.再販売する

クリーニングや補修の作業が終わったら、店頭やネットショップなどで再販売されます。

中古の商品なので、新品と比べると圧倒的に安く買うことができます。

金銭的に新品の事務服を買うのが厳しい人やまだ使える事務服を再販売できるので、買い手と売り手双方にとってメリットの大きいサービスです。

近年話題になっている持続可能なビジネスモデルとしても衣服の買取・販売事業が注目されています。

事務服の買取先を選ぶ基準とは?

事務服の買取先を選ぶ主な基準は以下の3点です。

  • 買取や査定は無料か?
  • 買取実績が多いか?
  • 何年間業務を行っているか?

ここでは、これらの基準について詳しく見ていきましょう。
事務服の買取先の選択に悩んでいる人は必見です。

買取や査定は無料か?

事務服の買取先を選ぶ際には、買取や査定にかかる費用を見ましょう。

事務服を売る際には、いくつかの業者で査定してもらいます。

その後、事務服を買い取ってもらうかどうかを決めるのが一般的です。

そのため、買取や査定にかかる費用は少ない方が理想的です。

理想を言えば、ネットや郵送で全ての手続きが完結できればなおいいですね。

買取実績が多いか?

買取実績の多さはその買取業者の知識やノウハウの豊富さを表します。

買取実績が多ければ、その分、お客様から買取りを行ってきた経験が多いからです。

ネットで事務服の買取業者は沢山出てきますが、買取実績についての記載がない業者はあまり信用できないかもしれません。

買取実績が豊富で、満足度の高い業者を選びましょう。

何年間業務を行っているか?

何年間買取の業務を行っているかは業者の重要な判断基準です。

長年、事務服も買取業を行ってきた業者であれば、利用者からの質問や疑問にもすぐに堪えられるでしょう。

また、専門の買取査定員が納得のいく買取査定をしてくれる可能性が高いでしょう。

買取業者を選ぶ際には、何年間業務を行っているかを見てみましょう。

事務服の買取先を選ぶ際に重要なポイントとは?

事務服の買取先を選ぶ際には3つ重要なポイントがあります。

  • 買取金額は大きいか?
  • 買取・査定のプロセスはカンタンか?
  • 公安委員会の許可を得ている正規のサービスか?

ここでは、これらのポイントについて掘り下げていきます。
買取先を選ぶのに迷っている人は参考にしてみてくださいね。

買取金額は大きいか?

買取業者を選ぶ際に最も重要なポイントは買取金額の大きさです。

同じ事務服を売るにしても、業者の選択によって金額が大きく変わる可能性があります。

まとめ売りやセット売りなどで数千円の買取金額アップキャンペーンも時々あります。

少しでもお得に不要な事務服を処分するためにも、買取金額の大きい買取業者を選びましょう。

買取・査定のプロセスはカンタンか?

買取・査定のプロセスのカンタンさは事務服を売る際にとても重要です。

買取査定は主に3種類あります。

  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 郵送買取

これらの買取はそれぞれ特徴がありますが、買取査定を頼む際の手続きはカンタンであればあるほど魅力的だといえます。

なぜなら、買取がネットやメールのやりとりだけで完結すれば、それだけ費やす時間や労力は少なく済むからです。

買取業者を選ぶ際には、買取・査定の手続きがカンタンな業者を選びましょう。

公安委員会の許可を得ている正規のサービスか?

買取業者によっては、古物商の認可や公安委員会の許可を得ている業者があります。

これらの業者は買い取った衣類を適切に利用してくれます。

性的嗜好品として、自分の事務服が利用されたら嫌な気持ちですよね?

そのため、これらの認可を受けた買取業者を選んだ方が間違いがないでしょう。

事務服を高値で売る方法とは?

事務服をより高値で売る方法はあるのでしょうか?
高値で事務服を売るには以下の3つの方法が考えられます。

  • フルセットで売ること
  • 何着かまとめて売る
  • 補修とクリーニングをしておく

ここでは、これらの方法について紹介します。

事務服を少しでも高値で売りたい人は参考にしてみてください。

フルセットで売ること

事務服を売る際には、靴やベルト、バックなどもセットで売ると高く売れます。

とりわけ、会社指定の事務服は希少性が高い場合もあるので、高値で売れる可能性が高いです。

事務服を売る際には全てセットで売りましょう。

何着かまとめて売る

事務服はまとめて売ると買取金額がアップすることがあります。

期間限定で実施されるキャンペーンを利用すれば、数千円単位で買取金額がアップすることもあるようですよ。

キャンペーン情報を見つけたら、まとめ売りでお得に不要な事務服を処分してみてはいかがでしょうか?

補修とクリーニングをしておく

事務服を売る際には、出来るだけ状態を良いものを売る方が買取金額は高いです。
事前に補修やクリーニングをしておけば、何割か買取金額がアップするかもしれませんね。

事務服の買取ならラミパスがおすすめ

これらのポイントを踏まえて、事務服を売るならラミパスがおすすめです。

筆者がラミパスをおすすめする理由は以下の3点です。

  • 15,000件以上の買取実績がある
  • WEBでカンタンに査定・買取ができる
  • 高値で買取してくれる

ここでは、ラミパスがおすすめの理由について詳しく解説します。

買取業者ラミパスについて詳しく知りたい人は参考にしてみてください。

15,000件以上の買取実績がある

ラミパスの特徴は買取実績が多いことです。

累計で15,000件以上の買取実績があるので、買取査定の信頼性もばっちり。

豊富な知識やノウハウを持った査定員が丁寧に買取査定します。

WEBでカンタンに査定・買取ができる

ラミパスはカンタンにWEBで買取査定の申し込みができる点が特徴です。

もしくは、Lineでも買取査定の申し込みが可能で、買取査定の申し込みをしたら、数日以内には買取キットが届きます。

買取キットに事務服を詰めたら、無料でラミパスに郵送する仕組みです。

その後、数日以内には買取査定と査定金額の通知がきます。

迅速、かつカンタンな買取査定で利便性が高いのが魅力です。

高値で買取してくれる

ラミパスは相場よりも高い値段で買取を行っています。

相場以下の値段で買い叩くような業者もいる中で、ラミパスは良心的。

不要な事務服とはいえ、少しでも高く売って現金化したいのが消費者の心理です。

ラミパスを利用して、少しでも高く事務服を売りましょう。

6.まとめ

この記事では、不要な事務服を売る際の買取業者の選び方を解説しました。

買取業者にも沢山の種類があって、買取査定や買取金額に大きな差があります。

自分の納得できる買取業者を見つけて、少しでもお得に不要な事務服を処分しましょう。